スポンサードリンク



縫糸(縫い糸)業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模の情報。イギリスのコーツ、米国のアメリカン エファード、ドイツのアマンが世界三強です。

縫糸とは?

主に裁縫用に使われる糸の総称です。用途別では、手芸用の手縫糸やミシン糸もしくは産業資材向けの高機能縫い糸 に分類され、素材別では、大きく、木綿糸、絹糸、羊毛糸、合成繊維(ナイロン、ポリエステル、ビニロン)、高機能(ボンド、アラミド)等に分類されます。
縫い糸のエンドマーケットは幅広く、衣服に加え、日本縫糸工業協会によれば、帽子・手袋・靴・サンダル・鞄・傘・椅子・毛布・シーツ・布団・カーシート・シートベルト・テント・コンテナー・ハッチカバー・袋があげられています。ティーバックに使われるのも縫い糸です。


世界市場シェア

縫糸業界の世界1位は、英国のコーツグループです。1830年代の創業以降、一貫して同業界をリードしています。世界2位は、米国のアメリカン・エファードです。投資ファンドの傘下に入り、更なる成長を追求しています。世界3位は、ドイツのアマンです。創業一族が保有する同族会社です。



市場規模

縫糸業界の世界全体の市場規模は約42億米ドルと推計されます。


業界の参考書

本ページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にしています。

業界マイスターに学ぶせんいの基礎講座 [単行本]

繊維の科学 (おもしろサイエンス) [単行本]

知っておきたい繊維の知識524 [単行本(ソフトカバー)]


業界の動向

コーツグループ(Coats Group plc)
コーツは1830年代に英国スコットランドで設立された縫糸メーカーの老舗。
工業用糸および消費者用繊維工 芸品を製造する。衣料品・履物業界向けに付加価値製品とサービスを提供するほか、新分野の製品であるトレーサー糸、アラミド、光ファイバーなどを開発し、工芸品を新市場およびオンライン市場へ提供。(出所:ブルームバーグ)
同社は、約50の工場を30か国で展開、100ヶ国以上の国で縫糸の販売を行う。従業員数は約1万9千人。
コーツは、ナイキ、アディダス、ユニクロ、ギャップ等の名だたるアパレルメーカーに縫糸を提供している。
コーツの取引先
出所:コーツ・グループ


American & Efird(アメリカン エファード)
北米最大手の縫糸、刺繍糸、工業用繊維品メーカー。2018年にKPS Capital Partnersから買収。同社の糸は、衣料、生活資材(毛布、シーツ等)、自動車部品等の産業資材の縫製用に用いられる。27の縫糸工場を保有し、100ヶ国以上で各種糸の販売を行う。


アマン(Amann)
1854年に設立されたドイツに本拠を置く縫糸メーカー。アマン一族が支配する同族会社。6ヶ国に製造拠点を有する。