スポンサードリンク



ヘッジファンド業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模の情報を掲載しています。Bridgewater Associates(ブリッジウォーター・アソシエーツ)、AQR Capital Management(AQRキャピタル・マネジメント)、Man Group(マン・グループ)、Renaissance Technologies(ルネサンス・テクノロジーズ)といったヘッジファンド大手の動向も特集しています。


業界概要
世界市場シェア1位は、著名投資家レイ・ダリオ氏が率いるブリッジウォーター・アソシエーツです。新興国株式に大きな比重をかける戦略でも有名です。2位はクリフォード・アスネス氏率いるキャピタル・マネジメントです。クオンツ運用と呼ばれる数量的分析に基づく運用を得意とします。上位2社は米国のヘッジファンドですが、3位はイギリスのマン・グループとなります。オクスフォード大学提携し、マネージド・フューチャー戦略に基づいた絶対リターンを追求します。4位は数学者としても有名なジェームズ・シモンズ氏率いるルネサンス・テクノロジーズです。

出典:ヘッジファンドの世界ランキング


市場規模とヘッジファンドの戦略
ヘッジファンドの市場規模は2018年10月時点で約2兆4,145億ドルと試算されています。
出典:業種別世界市場規模のまとめ

ヘッジファンドの戦略は大きく5つあります。主に株式の割安株を買い、割高株を売るロング・ショート戦略、何らかの理由でミスプライスが発生した債券等の売買を行うアービトラジー戦略(裁定取引)、M&A等の重要なイベントでの値動きからのリターンを練らるイベント・ドリブン戦略、いくつかの戦略を同時に行い、戦略の分散化を図るマルチ戦略、あらゆる指標の相関関係から収益を狙うマネージド・フューチャー戦略(CTA)、世界全体の経済動向のモデルに基づき売買を行うグローバル・マクロ戦略、各商品間の価格差から収益を上げるレラティブ・バリュー戦略、経営不振の企業への投資を行うディストレス戦略等があります。


本ページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にしています。
ヘッジファンドのアクティブ投資戦略―効率的に非効率な市場 [単行本]

小説ヘッジファンド (角川文庫) [Kindle版]

ファイナンス理論全史――儲けの法則と相場の本質 [単行本(ソフトカバー)]

オルタナティブ投資入門―ヘッジファンドのすべて [単行本]


Bridgewater Associates(ブリッジウォーター・アソシエーツ)
レイ・ダリオ氏が率いる世界最大級のヘッジファンド。1975年に設立。グローバル・マクロ戦略に基づき運用を行っている。2009年にサブプライムローンの破たんによる住宅市場の下落を予測したことでも有名。


AQR Capital Management(AQRキャピタル・マネジメント)
1998年に米国で創業されたヘッジファンド。AQRはApplied Quantitative Research略であり、名前の由来の通り、株式や債券の数量分析に基づくクオンツ運用を得意とする。大学の理系の博士課程を修了した人材を積極的に採用している。


Man Group(マン・グループ)
英国に本拠を置く最古参のヘッジファンド。砂糖商社から発展し、ヘッジファンドとして1994年にロンドン証券取引所に上場。CTAやマネッジドフューチャーといったクオンツ運用を得意とし、オクスフォード大学やケンブリッジ大学と提携する。


Renaissance Technologies(ルネサンス・テクノロジーズ)
著名数学者でもあるジェームズ・シモンズ(James Simons)氏が設立したヘッジファンド。1982年に設立される。クオンツ運用を得意とする。ジェームズ・シモンズ氏は2009年に引退をし、現在はPeter Brown氏が会社を運営している。


エリオット・マネジメント・コーポレーション(Elliott Management Corporation)
ポール・シンガー(Paul Singer)氏率いるヘッジファンド。ディストレス戦略を得意とし、アクティビスト、ハゲタカファンドとの異名もある。過去豪英資源大手のBHPビリトンに対する米石油事業の分離、韓国のサムスン電子への特別配当の支払い、塗料大手アクゾ・ノーベルの会長解任等を要求している。


Millennium Management(ミレニアム・マネジメント)
1989年に設立されたイスラエル・イングランダー氏率いるヘッジファンド。アービトラジー戦略を得意とする。