スポンサードリンク



ボルボグループの売上や事業構成、直近の業績、株主構成、会社買収の情報です。なお出所は全て同社アニュアルレポートとなります。なお、出所・出典は全て同社アニュアルレポートとなります。

ボルボグループはスウェーデンに本拠を置くトラック・建機メーカー。1928年にトラックメーカーとして設立されて以降、現在もトラックの売上がグループ全体の約65%を占めるなど、最大の事業部門となっています。売上規模は2兆5千億円程度。
Truck sales


同社は、トラックの分野では、ボルボ・トラックス、ルノー・トラックス、マック・トラックス、UDトラックスの4種類のブランドを有し地域ごとに展開している。またインドでは合弁会社アイシャー・モーターズ (Eicher Motors)、中国ではドンフェントラックを展開し、各地域ごとに使い分けています。
地域別


日本では、日産から買収した旧日産ディーゼル(現UDトラックス)がボルボグループの主軸となっています。


販売台数ベースでは約20万台のトラックを年間販売しています。ブランド別ではボルボとルノーブランドのトラックが売れ筋であり、大型トラックに強みを持っていることがうかがえます。
販売台数


ボルボのもう一つの柱である建機部門は、全体の売上の約20%を占めており、売上規模では約7千億円となります。ブランドは、ボルボ、SDLG、Terex Trucksの3ブランドで展開をしています。
年間約6万4千台の建機を販売しており、ここでもボルボブランドの建機が最も売れています。地域別の最大の市場は中国となっています。売上からサービス部分を取り除くと、おおむね6千億円となり、建機1台当たりの価格は、900万円程度と計算されます。
建機


同社の3本面の柱はバス部門となっています。売上構成比では全体の約8%、約3千億円弱の規模です。年間約9千台のバスを販売しており、1台約3千万程度の価格であることが計算できます。
また、ボルボ・ペンタでは、船舶や産業機器向けのエンジンを販売しております。全体の売上の約3%、約1千億円の売上規模で、年間約4万個のエンジンを販売しております。その他には、販売金融事業も保有しています。


ボルボは上場会社であり、株主構成をみるとインダストリバルデン (Industrivarden AB) が最大議決権保有株主となっています。富裕ファミリーであるLundberg(ルンドベル)一族が大株主でもあるインダストリバルデンは、Investor ABと並ぶスウェーデンの長期投資を行うファンドです。
一方、2位の株主は、アクティビストであるCevian Capitalが入っており、利益率の向上を求めた事業再編の動きが活発化する可能性があります。
株主


格付けは、投資適格の水準を維持しています。


ボルボグループの過去の事業再編は、
1999年 ボルボの乗用車部門のフォードへの売却
2000年 ボルボによるルノートラックスの買収
2007年 日産ディーゼルの子会社化
2007年 インガソルランドからの道路舗装用建機事業の買収
2012年 航空機事業のボルボエアロを英GKNへ売却
2013年 米国建機レンタル会社のBlueline Rentalの売却