スポンサードリンク


海航集団(海南航空、HNA Group)グループの世界シェア(世界市場シェア)、事業概略、事業構成、株主構成、会社買収の情報です。


会社概要

海航集団(海南航空、HNA Group)
海航集団は2000年に中国の海南省に設立された非公開のコングロマリット。コングロマリットの中核の企業は前身が海南省航空公司である1993年に陳峰(Chen Feng、チェン・フェン)氏によって設立された海南航空(ハイナン・エアライン)。2000年に経営難となった長安航空を買収し、中国トップ5の規模の航空会社となる。ホテル、不動産、航空機リース等の分野で積極的な投資を行う。




事業構成

航空業界の世界シェアではまだ上位陣には入っておりません。中国国内では中国南方航空や中国国際航空との競合しています。
航空機リース業界の世界シェアでは、2015年にアボロン(Avolon)、2016年に業界大手のCIT Aerospaceを子会社の渤海租賃(Bohai Leasing)買収し、世界上位に入っています。
機内食業界の世界シェアでは、2016年に機内食大手のGate Group(ゲートグループ)を買収して、世界トップ3の一角を占めます。
ホテル業界の世界シェアでは、世界最大手の一角であるヒルトングループの株式を25%取得してます。
空港グランドハンドリング業界の世界シェアでは、2015年にSwissportを買収し、世界上位の市場シェアとなっています。
海上コンテナリース業界の世界シェアでは、Bohai Sea Leaseを展開し、世界上位の市場シェアを獲得しています。
銀行分野ではドイツ銀行の主要株主でもあります。



株価と時価総額

海航集団は非公開企業のため時価総額等の情報はありません。傘下の海南航空の直近株価や時価総額はGoogle Finance等をご参照。


直近業績

海南航空の直近業績はヤフーファイナンスの海南航空の過去4年間の財務数値をご参照。


株主構成

Hainan Traffic Administration Holding(海南交管控股有限公司)とHainan Province Cihang Foundation(海南省慈航公益基金会)が株主となっていると言われていますが、詳細は非開示となっています。陳峰氏や同グループの取締役の王健(Wang Jian)氏が海南交管控股有限公司を通じて間接的な株主と言われています。


事業再編・買収

2012年 海上コンテナリース大手のSeaCoを買収
2015年 グランドハンドリング大手のSwissportを買収
2015年 航空機リースのアボロン(Avolon)を買収
2016年 機内食大手のGate Groupを買収
2016年 ヒルトンの株主の一部を買収
2016年 航空機リースのCIT Aerospaceを買収
2017年 シンガポールのロジスティクス大手のCWTに買収提案