スポンサードリンク


フォワーディング・宅配便・物流業界の売上高世界ランキング、市場シェア、市場規模、再編の情報。ドイツポスト、UPS、日本郵便、ヤマト、DHL、DBシェンカー、 キューネ・アンド・ナーゲル等世界大手物流企業動向も掲載。



物流業界とは

物流には、総合運輸と呼ばれている、陸運、海運、空運をすべて手掛ける業態、フォワーダーと呼ばれる、荷物の輸送のコーディネートをする業界、サードパーティ・ロジスティクスという、荷主の物流を包括的に請け負う業態があります。
総合運輸会社の分野では、フェデックス、ドイツポスト傘下のDHL、UPS、などが世界大手と言われています。日本では、日本通運やヤマト運輸があたります。
フォワーダーには、キューネ・アンド・ナーゲルやロビンソン・ワールドワイドがあります。フォワーダーは物流資産を持たなくてもよいことから、フォワーダー専業以外にも、フェデックスやDHLが参入しています。
サードパーティロジスティクスは、欧州のシーバや日立物流が大手となっています。


物流の機能には、運送以外にも、保管、荷受け、包装・検品等の流通加工という機能がある。
出典: 物流業界とは



陸運業界売上高世界ランキング2017年

陸運業界の売上高ランキング1位には米国の米国郵便公社となっています。他社と比較する際には、米国郵便公社は郵便事業も行っており、純粋に運送業務だけからの売上とは異なる点に注意が必要です。第2位には、こちらも郵便事業発祥の中国郵便(チャイナポスト)となっています。3位は宅配便のDHLを傘下に持つドイツ郵便(ドイチェポスト)となります。4位、5位はUPSとフェデックスがランクイン。6位にはこれも郵便発祥の日本郵便が入っています。売上高だけでみると上位には郵便事業者が多くランクインしています。


物流・運輸業界の世界市場シェア

物流・運輸業界の運送量による世界市場シェアの動画によれば、物流業界の世界市場シェア1位はドイツポスト/DHLグループとなります。日本郵便は豪トールの買収によりDBシェンカーと並ぶトップ5位に入る予定です。
国内宅配便市場シェアのページには国内宅配便市場の市場シェア情報が掲載されています。


フォワーディング業界(航空輸送)のランキング

フォワーディングにおける航空輸送の世界1位は、DHLです。ドイツポストの傘下企業として、総合物流を展開しており、航空輸送でも強みを発揮します。
世界2位は、スイスのキューネ・アンド・ナーゲルとなります。現在はスイスに拠点をおきますが、1890年の創業はドイツのブレーメンです。
世界3位は、ドイツ鉄道の子会社であるシェンカーです。フォワーディングの上位3社をドイツ勢が独占します。
世界4位に、ようやく米国のUPSが入っています。世界5位も米国のエクスペディターズですが、世界6位は、ふたたび欧州勢のパナルピナです。世界7位に、日本から日本通運がランクインしています。海運フォワーダー大手の中国のシノトランスは10位につけています。



物流業界の世界市場規模

陸運、空運、海運及びフォワーディング、3PL等を合わせた物流業界の世界市場規模は、約14兆~16兆円程度と推計されます。



物流業界の再編事例

物流業界の再編事例には運輸・物流業界の世界の買収・再編事例が掲載されています。


運輸事業の動向

運輸事業の業界動向の動画では運輸業界の業界構造等が簡潔に解説されています。


物流・運輸業界の参考図書

本物流・運輸業界のページを作成するに以下の書籍を参考にさせて頂きました。

図解 国際物流のしくみと貿易の実務 (B&Tブックス) [単行本]

図解入門業界研究最新物流業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版] (Shuwasystem Industry Trend Guide Book) [単行本]

海運・陸運・空運の物流業界を5分でマスターするための一問一答問題集 [Kindle版]

第13次業種別審査事典(第9巻) 【サービス関連(運輸、旅行)・スポーツ・レジャー・娯楽 分野】 [単行本]

図解 基本からよくわかる物流のしくみ [単行本(ソフトカバー)]

最新 業界の常識 よくわかる物流業界 [単行本(ソフトカバー)]

物流業界の新常識―陸運・海運・空運・フォワーダー・3PL 激変する業界の動きが一目でわかる [単行本]

物流業界を揺るがす大地殻変動―航空貨物業界を巻き込む新しい時代のうねり(合従連衡) [単行本]


世界の主要運輸会社の動向

Deutsche Post(ドイツ郵政、ドイツ)
元々国営の郵便会社。郵政民営化に伴い2002年にDHLを完全子会社化し、企業間物流、フォワーダー、個人向け配送、郵便サービスを手掛ける総合物流会社へと成長。


United Parcel Service(ユナイテッド・パーセル・サービス、UPS、米国)
米大手総合物流会社。米国内陸上輸送で圧倒的な強さ。世界220か国以上で物流業務を展開。


FedEx(フェデックス、米国)
1973年に設立された米大手総合物流会社。拠点空港を利用したハブ・アンド・スポークによる航空輸送業務や国際宅配便に強み。フォワーディング首位の座をDHLと競う。


US Postal Service(米国郵便公社、USPS、米)
https://www.usps.com/
米国の郵便事業を基盤に設立された郵便会社。米国内におけるネットワークは最大級。


DB Schenker(DBシェンカー、ドイツ)
Deutsche Bahn(ドイツ鉄道、独)傘下の総合物流企業。鉄道網を利用した企業間物流やDB Schnker Logisticsで行うフォワーディング業務に強み。空運・海運も手掛ける。日本では西濃運輸と西濃シェンカーを設立。


Kühne & Nagel(キューネ・アンド・ナーゲル、スイス)
スイスに本拠を置くDHL、FedExに次ぐフォワーディング大手の一角。


TNT Express(TNTエクスプレス、オランダ)
http://www.tnt.com/
オランダに本社を置く欧州域内における宅配便大手。旧オランダ郵政公社(KPN)が1998年に買収されたのち、2011年にユーロネクスト市場に上場。2015年フェデックスが買収。


EMS(Express Mail Service、国際スピード郵便)
http://www.upu.int/en.html
世界の郵便事業会社が連携(万国郵便連合という)して提供する国際宅配便サービス。DHL、FedEx、TNT Expressと競う。Royal Mail(ロイヤルメール、英)、La Poste(ラ・ポスト、フランス)、USPS(米国郵便公社)、日本郵政(Japan Post)や中国郵政(China Post)等が加盟。2014年に日本郵政はラ・ポスト子会社のGeoPost(ジオポスト)と資本提携。


DSV(ディーエスヴイ、デンマーク)
http://www.dsv.com/
欧州内の企業間物流等に強みを持つ物流会社。2006年のFrans Maas Groep(フランス・マース・グループ、蘭)、2008年にABX Logistics(ABXロジスティクス、ベルギー)を買収し、欧州域内における物流事業を強化。


SNCF Geodis
http://geodis.fr/
フランス国鉄傘下の大手物流会社


Toll(トール、豪)
http://www.tollgroup.com/onetoll
オーストラリア最大の物流会社。オーストラリア証券取引所に上場。2015年に日本郵政グループ(http://www.japanpost.jp/)が買収。


CEVA Logistics(シーバ・ロジスティクス、オランダ)
http://www.cevalogistics.com
大手フォワーダー会社。投資会社のApollo Management(アポロ・マネジメント)が2006年にTNT Logisticsを買収、その後EGL Eagle Global Logistics(EGLイーグル・グローバル・ロジスティクス、米国)と経営統合し誕生。


CH Robinson Worldwide(CH・ロビンソン・ワールドワイド、米国)
http://www.chrobinson.com/en/us/
フォワーディング専業。自社にて運送機を保有していない。


Expeditors International(エクスペディターズ・インターナショナル・オブ・ワシントン、米国)
http://www.expeditors.com/ja/フォワーディング専業。自社にて運送機を保有していない。


UTi Worldwide(UTiワールドワイド、米国)
http://www.go2uti.com/
フォワーディング専業。自社にて運送機を保有していない。


Dachser
https://www.dachser.com/
ドイツの未公開企業。フォワーディング業務に強み。


Bollore SA(ボローレ、フランス)
http://www.bollore.com/en-us
フォワーディングに強み


Panalpina World Transport(パナルピナ・ワールド・トランスポート、スイス)
http://www.panalpina.com/www/global/en/home.html
フォワーディングに強み


Sinotrans Limited(シノトランス、中国)
http://www.sinotrans.co.jp/
フォワーディングに強み


チャイナポスト
中国国営の郵便会社。中国郵便。



日本の大手物流会社

日本の大手物流会社には企業間・フォワーディングに強い日本通運(http://www.nittsu.co.jp/)、宅配便サービスに強みを持つヤマトホールディングス(http://www.yamato-hd.co.jp/)や佐川急便(http://www.sagawa-exp.co.jp/)、フォワーディング業務では日本通運についで国内2位で2015年にシンガポールのNOLよりAPLロジスティックス(http://www.apllogistics.com/wps/portal/apll)を買収を発表した近鉄エクスプレス(http://www.kwe.co.jp/)、国策の郵便局を引き継ぎ国内最大の信書ネットワークを持ち、2015年には豪州大手の物流会社トールを約6000億円買収した日本郵政(http://www.japanpost.jp)等がある。企業間物流では日立物流(http://www.hitachi-hb.co.jp/)が大手。



業界団体