スポンサードリンク



インダストリアルオートメーションやファクトリーオートメーション業界の世界シェアや業界ランキングのまとめ。シーメンス、ABB、エマーソン、シュナイダー等の世界大手ファクトリーオートメーション会社の動向も掲載。


ファクトリーオートメーション業界の世界市場シェア

ファクトリーオートメーション業界の世界市場シェアによればファクトリーオートメーションの分野ではドイツのシーメンスとスイスのABBがトップ2強となっています。




ファクトリーオートメーション業界の世界市場規模

ファクトリーオートメーション業界の世界市場規模は約15兆~20兆円程度と推計されます。
出典 ファクトリーオートメーション業界の世界市場規模


ファクトリーオートメーション業界の参考書

ファクトリーオートメーション業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にしております。

生産システムのFA化設計―生産設備設計の考え方と方法 (実際の設計選書) [単行本]

図解 工場のしくみが面白いほどわかる本 [単行本(ソフトカバー)]


世界の主要なファクトリーオートメーション会社の動向

Siemens(シーメンス)
ドイツのミュンヘンに本拠を置く世界的な総合電機メーカー。ドイツを代表する会社の1社。鉄道車両、通信、電力、医療や家電製品といった分野に強みを有する。インダストリアルオートメーションの分野では制御機器からソフトウェアまで圧倒的な強さを誇る。


ABB(エービービー)
スイスに本拠を置く重電・重工業大手。送変電機器と自動化機器事業に強み。


Emerson Electric(エマソン)
米国を代表するコングロマリット企業。電源設備や精密空調等の分野で展開。プラント向けのプロセスオートメーション等のオートメーションの事業にも強み。


Schneider(シュナイダー)
フランスのパリに本拠を置く電機大手。IT関連機器、産業・機械製造、オートメーション機器、配電機器を手掛ける。


Rockwell(ロックウェル)
米国に本社を置くオートメーション大手。分散制御システムやPLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)の分野に強み。


日本では三菱電機、オムロン、横河電機がファクトリーオートメーションやプロセスオートメーションの分野の大手。