スポンサードリンク


エアバッグ業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模の情報。世界大手のエアバッグメーカーのオートリブZFタカタの動向も掲載。


エアバッグ業界の世界シェア・業界ランキング

エアバッグ業界の世界シェア・業界ランキングによれば、エアバッグの世界シェアランキング1位は、スウェーデンのオートリブ社です。


エアバッグ業界の世界市場規模

エアバッグ業界の世界市場規模は、約2~3兆円、数量ベースで3~4億個と推計されます。
出典:エアバッグ業界の世界市場規模


エアバック業界の構造

エアバック業界は、エアバックの生地の原糸製造メーカー(東洋紡、米インビスタ旭化成が大手)、生地製造メーカー(タカタ東レ東洋紡、帝人)、縫製メーカー(タカタオートリブ)、インフレーターメーカー、エアバック製造メーカー(オートリブタカタZF TRW)に分かれる。


エアバッグの参考書

エアバッグ業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にしました。

自動車 解剖マニュアル (まなびのずかん) [大型本]

不具合連鎖 [単行本]


エアバッグ業界の主要企業の動向

オートリブ(Autoliv)
スウェーデンに本拠を置く自動車パーツメーカー。エアバッグ、シートベルト、チャイルドディート等の安全性部品に強み。


ZF
1915年にフリードリッヒスハーフェン伯爵よって設立された飛行船用のトランスミッションを製造会社(ツァーンラート・ファブリーク、Zahnradfabrik=歯車工場)を起源とするドイツに本拠を置く自動車部品メーカー。ツァーンラート・ファブリークの頭文字であるZFが現在の社名となっている。飛行船で有名なZeppelin財団(ツェッペリン財団)が支配株主の非公開会社でもある。トランスミッションやシャシー分野で強い。2014年に米国の自動車部品メーカー大手でパワートレインやブレーキに強いTRWを買収。→ZFによるTRW買収のケーススタディ


タカタ
日本を代表する自動車部品メーカー。安全性部品であるエアバッグやシートベルトで世界3強の一角。エアバックのリコール問題で経営再建中。寧波均勝電子傘下のキー・セイフティー・システムズ(KSS)が支援に関心を示す。


エアバックのメーカーとしては、他に芦森工業がある。