スポンサードリンク



遺伝子検査機器業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模のまとめ。ロシュ、ホロジック、ダナハー、シーメンス、キアゲン等の大手遺伝子検査会社の動向も掲載。


遺伝子検査機器業界の世界シェア

遺伝子機器業界の世界シェアの動画によれば、世界シェアランキング1位はロシュです。


遺伝子検査機器業界の世界市場規模

遺伝子検査機器業界の世界市場規模は、5000億円~1兆円程度と推計されます。
出典:遺伝子検査機器業界の世界市場規



遺伝子検査機器業界の参考書

遺伝子検査機器業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にしています。

遺伝子検査技術―遺伝子分析科学認定士テキスト [単行本]

遺伝子・染色体検査学 (最新臨床検査学講座) [単行本(ソフトカバー)]


遺伝子検査機器業界の動向

エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(F. Hoffmann-La Roche)
スイスに本拠を置く大手製薬メーカー。日本では中外製薬を買収。子会社のロシュ・ダイアグノスティックスが遺伝子検査や血糖測定器事業を展開している。


ホロジック(HOLOGIC)
米国に本拠を置く乳房診断装置、体外診断薬・診断機器、婦人科用外科手術機器、骨密度測定機器メーカー。2012年に遺伝子検査同業のGen-Probeを買収し。当該分野を強化。


Danaher(ダナハー)
米国に本拠を置くコングロマリット企業。計測機器、ライフサイエンス・デンタル機器の分野に強みを持つ。2011年に臨床診断システム大手のベックマン・コールター、2016年に遺伝子検査の自動化と標準化に強みを持つCepheid(セフィエド)を買収。


Qiagen(キアゲン)
オランダに本拠を置く遺伝子検査大手。臨床や体外診断向けの機器も手掛ける。


シーメンス
独ミュンヘンに本拠を置く大手総合電機メーカー。1847年に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Werner von Siemens) によって設立。世界初の電車を製造したことでも有名。事業範囲は電力、交通システム、家電、医療等と社会インフラ全般に及ぶ。ヘルスケヤの分野では画像診断に加え、遺伝子診断装置等にも強みを持つ。


Abbott(アボット)
米国に本社を置くヘルスケア会社。栄養剤製品、医療機器、診断薬・機器、医薬品の分野を幅広く展開。