スポンサードリンク



2019年6月更新。カソードブロック業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模の情報。SGLカーボン、SECカーボン等のカソードブロック世界大手の動向も掲載。


カソードブロック業界の世界シェア

カソードブロック業界の世界シェアランキング1位はSGLカーボン社です。


カソードブロック業界の世界市場規模

カソードブロックの世界市場規模は概ね1000億円程度と推計されます。カソードブロックの市場規模はアルミニウム需要によって変動する構造となっています。


カソードブロックとは

アルミニウムの製錬において、カソードブロックは電解炉の陰極の電極として使用されます(下図参照)。アルミニウムの製錬には大量の電気が必要となるためカソードブロックの質によって電気の使用量が変わってきます。
9A634EC7-ACB8-446D-8885-81C366B28BBD
出所:東海カーボン


カソードブロック業界の参考書

カソードブロック業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にしています。

アルミニウム大全 (技術大全シリーズ) [単行本]

アルミニウム表面技術 百問百答 [単行本(ソフトカバー)]

カーボン―古くて新しい材料 [単行本]


カソードブロック業界の動向

SGLカーボン
ドイツを代表する炭素加工会社。自動車向けの炭素繊維ではBMWと組み日本勢を追い上げる。カソードブロックも世界的な大手。黒鉛電極事業は昭和電工に売却。カソード事業は投資ファンドのトリトンへ売却を行いコベックス(Cobex)へと社名変更。2019年6月に東海カーボンがコベックスの買収を発表。


Carbone Savoie
フランスに本拠を置くカソードブロック大手、リオティントの子会社。


SECカーボン
日本のカソードブロック大手。黒鉛電極も手掛ける。


Energoprom(エネゴプロム)
露大手黒鉛電極メーカー。カソードブロックでも世界大手級。