スポンサードリンク



タタ・グループとは
1868年にペルシャ系ゾロアスター(拝火、インドではパルシーとも言われる)教徒であるジャムセトジー・タタ氏が創業。インド西部のムンバイに本拠。
塩からソフトまでと言われ、鉄鋼、自動車、ホテル、紅茶、ITサービス、時計、宝飾品、電力、通信、化学、食品、小売などに至る多岐分野で事業を展開する財閥。海外100ヶ国で事業を展開し、約70万人の従業員と1000億ドル超の売上を計上する。日本に企業では、三菱商事、新日鐵住金、日立製作所、スズキ、NTTグループ等と提携。リライアンス、アーディティヤ・ビルラー・グループを擁するビルラグループを含めインド3大財閥と評される。初代ジャムセトジー・タタ、二代目ドラブジ・タタ、三代目ノウロジ・サクラトヴァラ、四代目JRD・タタに続き、現在は五代目となるラタン・タタ氏がグループの総帥。
タタグループ全体
出所:同社ホームページ


所有構造
タタ・サンズとタタ・インダストリアルズが、各グループ会社の最大株主として、強い影響力を有する。タタ・サンズは、タタ一族の慈善財団が66%、シャポルジ・バロンジ・グループが18%の議決権を保有。2012年にパロンジ家出身のサイラス・ミストリー氏がラタン・タタ氏を引き継ぎ、グループの総帥となったが、経営方針の違いから解任され、2016年にラタン・タタ氏が復活。現在は、ファミリー出身でないナタラジャン・チャンドラセカラン氏が率いる。

タタ・サンズの主要グループ会社の持分
famiri-
出所:一目でわかる世界市場シェア


鉄鋼事業
タタ製鉄が中核。インド内では最大。日本製鉄と提携。2007年に120億ドル(約1兆1千億円)で英蘭コーラスを買収。2016年に英国の航空、自動車、原油・ガス向けの特殊鋼事業を英鉄鋼商社リバティハウスに売却。2017年9月に欧州事業の独鉄鋼大手ティッセン・クルップとの統合を発表。
英国の欧州連合(EU)離脱決定のあおりで売却が頓挫したが、ティッセンとの提携に活路を見いだすという機転に、同氏の経営手腕に対する評価は一気に高まった。
参照:鉄鋼業界の最新世界シェアと市場規模と再編について


IT事業
タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)が中核。全世界で包括的な IT の受託サービスを提供する。提供先は、金融、銀行、保険、通信、運輸、小売、製造、医薬、公益など多業種にわたる。(出所:ブルームバーグ)
TCSはタタ・グループの中で最大である39万人超の従業員を有する。利益貢献もグループ中最大である。米国でのIT技術者の就労ビザ問題を抱える。
参照:BPO・アウトソーシング業界の世界シェアランキングと市場規模


通信事業
タタ・テレサービシズが中核。NTTドコモとの訴訟和解後に、タタ・テレサービシズとタタ・テレサービシズ・マハラシュトラを含む消費者向け携帯電話事業を携帯通信最大手バルティ・エアテルと経営統合。インドの通信事業では、印リライアンス・インダストリーズ(RIL)による超低価格のリライアンス・ジオでの参入、ボーダフォンとアイデアの事業統合等再編の結果、ボーダフォン・アイデア、バルティ・エアテル、リライアンス・ジオの上位3社で約80%の市場シェアとなっている。


自動車事業
タタ自動車が中核。売上高は約5兆円弱規模。売上高がグループ最大。商用車、乗用車、高級車、スポーツ・ユーティリティ(SUV)、バス、軍用車両を展開。2017年は、インド国内の約5000のディーラーを通じて、約1200万台超の販売。商用車では50以上、乗用車では11のモデルを販売。販売台数ベースの売上構成比は、乗用車26%、SUV36%、小型商用車は約286万台の23%、中大型商用車は約170万台の14%となっている。売上比率では、インド国内のタタ自動車が約1兆円、ジャガー・ランドローバーといった高級・SUVが約4兆円と好調。一方、乗用車は超低価格車「ナノ」が低迷し、インド国内向け苦戦。独フォルクスワーゲン(VW)との戦略提携もとん挫。タタ自動車(乗用車と商用車)部門のEBITDAマージンは約6%に対して、ジャガー・ローバー部門は約13%。タタ自動車の規模及びマージンの改善が今後の課題と言える。タタ自動車
出所:同社ホームページ


商用車部門は韓国の大宇の商用車部門を買収(現タタ大宇)。商用車のインド国内の商用車の年間販売台数である880万台における市場シェアは約45%超を有しており、インド最大の商用車メーカー。ウルトラ1518、シグナ3718、エース・ゴールド等が主要ブランド。乗用車の市場シェアは約6%程度。
参照:商用車・トラック業界の世界シェアと市場規模

タタ自動車シェア


エース、マジック、シグナ
エース
出所:同社ホームページ


商用車・トラックの内訳をみると、中・大型トラックがインド国内の市場シェアの55%を占めていることがわかる。
内訳


イギリス、韓国、タイ、南アフリカ、インドネシア、豪州、スロバキアで製造工場を保有。約5万台を輸出しており、商用車の輸出先としては、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、南アフリカ、インドネシアで約80%を占める。タタ大宇は約9000台を韓国で生産し、韓国内の市場シェアは約22%程度。アルジェリアやベトナム向けの輸出が多い。乗用車部門は高級セダンを展開するジャガーとレンジ・ローバーを展開。バス部門は、スペインのイスパノ・カロセーラを買収(現タタ・イスパノ)


売上高は近年堅調に推移している。
売上高
(単位:百万インドルピー)

営業利益と当期利益の水準が低迷している。
営業利益
(単位:百万インドルピー)


小型商用車
小型


中型トラック
中型


大型トラック
大型


バス
バス
出所:同社ホームページ


化学事業
タタ化学が中核。有機・無機化学の基礎原料を生産。製塩も行う。
参照:ソーダ灰(炭酸ナトリウム)業界の世界シェア

飲料事業
タタ飲料が中核。世界40か国で展開。紅茶に強み。コーヒー事業が好調。
参照:紅茶・緑茶業界の世界シェアランキングと市場規模

ホテル事業
インディアン・ホテルズ(IHCL)が中核。タージブランドのホテルを展開するもの、現状は事業の再構築に取り組んでいる。

宝石事業、エアコン事業は、タイタン、ボルタスが展開。
電力事業、時計・宝石事業、エアコン・空調ではインド国内では市場シェアトップと言われている。
世界シェア
出所:同社ホームページ




参考資料

タタ財閥―躍進インドを牽引する巨大企業グループ [単行本]

富を創り、富を生かす―インド・タタ財閥の発展 [単行本]

インド財閥経営史研究 [単行本]

インド財閥のすべて (平凡社新書) [新書]