スポンサードリンク



CNH Industrial(CNHインダストリアル)は、2013年のCNHグローバルとフィアット・インダストリアルとの経営統合の結果誕生。現在はニューヨーク証券取引所とミラノ証券取引所に株式を上場。
従業員数は約6万人を超え、65ヶ所超の工場、50超のリサーチ拠点を有し、全世界180ヶ国で事業を展開。2017年の売上高は262億ドル、営業利益率は約5.8%。
事業領域としては、CASEブランドで展開する建設機械、New Holland(ニューホランド)及びCASEブランドで展開する農業機械、商用車・トラックのIveco(イベコ)、旧ルノーの流れを汲むHeuliez Bus(ユーリエ・バス)、1864年から続く老舗消防車メーカーであるMagirus(マギルス)、エンジン・車軸・変速機等を製造するFPT Industrial(フィアット・パワートレイン・インダストリアル)


エリア別の売上比率では、欧州・中東・アフリカ(EMEA)が、一番多く約50%超、北米の20%超、アジア、南米と続く。中央アジアにおける製造拠点は、中国、ウズベキスタン、インディア、パキスタン、ロシア、トルコにある。
area
出所:同社ホームページ

事業別の売上比率では、農機(AG)が39%と最大。続き商用車・トラック事業(CV)の37%、エンジン(PT)の15%、建機(CE)の9%となっている。
農機
出所:出所:同社ホームページ


農機の売上高は111億ドル。営業利益率は8.5%と全社平均を上回っている。農機カテゴリーでは、トラクターが農機売上の58%を占め、コンバインの21%を大きく上回る。地域別では、欧州と北米が4割弱とほぼ拮抗している。主な競合先としては、John Deere(ジョン・ディア)、AGCO(アグコ)、Claas(クラース)、 the Argo Group(アルゴ・グループ)、Deutz Fahr Group(ドイツファール・グループ)やクボタがあげられる
参照:農機(農業機器)業界の世界シェアと売上高ランキングと市場規模


建機の売上高は約26億ドル。営業利益率は0.8%である。地域別では、北米が約過半を占め、最も大きな販売先となっている。大型建機と中小型建機をバランスよく取り扱っている。主な競合先としては、Caterpillar(キャタピラー)、Komatsu(コマツ)、JCB(JCバンフォード・エクスカベターズ)、日立建機、Volvo(ボルボ)等。
参照:建設機械・クレーン業界の世界シェアと市場規模


商用車・トラック部門の売上高は約104億ドル。営業利益率は2.6%である。製品別ではトラックが約8割、地域別では欧州が約8割の販売先となっている。欧州でのトラックの市場シェアは約12.8%である。
商用車
出所:出所:同社ホームページ

トラックの主要競合先としてはDaimler (ダイムラー、同社はMercedes-Benz、三菱ふそう、Freightliner(フレイトライナー)、 Western Star(ウェスターン・スター)、Setra(ステラ)、Bharat-Benz(ブハラット・ベンツ)ブランドで展開)、Volkswagen (MANとScaniaブランドで展開)、Paccar (パッカー、同社はDAF、Kenworth(ケンワース)、Ken Mex、Peterbiltブランドを展開)、Volvo Group (同社はボルボ、ルノー、MACK、UDトラックスブランドで展開)、Navistar(ナビスター)、消防車ではRosenbauer International(ローゼンバウワー・インターナショナル)、 Rheinmetall(ラインメタル)、米国のOshkosh(オシュコシュ)等と競合。
参照:商用車・トラック業界の世界シェアと市場規模


トランスミッション・エンジン部門の売上高は44億ドル。営業利益率は約8.3%。売上に占める製品の割合では、エンジンが約9割と最大。外部への販売割合は約56%(グループ内売上は約44%)である。エンジンは年間約60万機、変速機は7万機、車軸は19万本販売している。主要競合先としては、Cummins(カミンズ)、 Daimler(ダイムラー)、Deutz(ドイツ)、Perkins(パーキンス)、John Deere(ジョン・ディア)、Volvo(ボルボ)とヤンマーがあげられる。


主要株主は、フィアットの創業家のアニェッリ家が所有するエクソール(Exor NV)であり、議決権ベースで約4割程度の株式を保有する。エクソールは、CNHインダストリアルに加え、FCA(フィアット・クライスラー)、再保険のパートナーRe、フェラーリ、ユベントス、エコノミストの大株主でもある。
株主

株主2

出所:エクソール社アニュアルレポート


本ページを作成するにあたり以下の書籍を参考にしています。

フィアット―イタリアの自動車産業を支え続ける巨人 (ワールド・カー・ガイド・DX) [単行本]

イタリアの起業家ネットワーク―産業集積プロセスとしてのスピンオフの連鎖 [単行本]

トランスミッション・バイブル 2 (モーターファン・イラストレーテッド特別編集) [ムック]