スポンサードリンク



メタネックス社概略
メタネックスは、メタノール(主に天然ガスから生成された透明な液体汎用化学品)を生産・販売するカナダのグローバル企業。また中国では、石炭から生成されたメタノールを生産し販売する。メタノールの生産と供給をアジア太平洋、北米、欧州、中南米の主要な国際市場で展開する。(出所:ヤフーファイナンス)
メサネックス(Methanex Corporation)は、メタノール・メーカー。自動車のフロントガラス洗浄液、合板床材、塗料、シリコンシーラント、合成繊維などの工業および消費者製品用のエタノールを製造する。(出所:ブルームバーグ)
Methanexは、ヤフーファイナンスでは、メタネックス、ブルームバーグでは、メサネックスと表記されており、呼称が分かれている。本ページでは、メタネックスで統一する。


特徴
同社の特徴や同社が置かれているメタノール業界の動向として、大きく下記4点が特徴としてあげられる。

メタネックスは業界トップシェア
メタネックスの世界市場シェアは、業界2位に約2倍の差をつけています。
出所:メタノール業界の世界市場シェアと動向

メタノール需要の安定的な増加

安定的なキャッシュフローと株主還元策

更なるコスト低減の余地


メタノールの需要
メタノールの需要としては、酢酸、ホルムアルデヒド、シリコン、メタクリル酸メチルが従来型の需要として底堅く存在する。今後は、新たなエネルギー及びメタノールを原料としてプロピレンやエチレンを得るMethanol To Olefins(MTO)とい言われる分野が成長すると見込まれています。demand
出所:同社ホームページ

メタノールは、主に天然ガスや石炭から製造されるため、原油等の価格動向に応じて代替需要も生じています。石油資源以外の原料からエチレン、プロピレン等を製造できるMTOは、今後の石油資源の枯渇リスクを考えると、重要である。下記の通り、エチレンやプロレンは、ポリ袋のポリエチレン、建材パイプによく使用されるPVC(ポリ塩化ビニル)、ペットボトルとして半ば固有名詞化したPET(ポリエチレンテレフタラート)、発泡スチロールのプリスチレン、PPとして表記され食器保蔵容器等によく使用されるポリプロピレン、合成ゴム、スパンデックスとの呼称で洋服等にも使用されるポリウレタン、屋根材料等の建材に使用されるポリカーボネート等、幅広い分野で利用されるフィードストック(原料)です。
MTO
出所:同社ホームページ


新しいメタノールの市場として、今後は船舶エンジン向けの燃料が注目されています。国際海事機構(International Maritime Organization)による規制として、船舶エンジンからの排出される硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)削減が求められている。従来船舶エンジンの燃料である重油はこうした規制をクリアすることが難しいとされ、かかる粒子状物質(PM)の排出が少ないメタノール由来の燃料へのシフトが予想されます。船舶エンジン燃料の市場規模は、メタノール換算で年間650百万トンと推計されています。
同社は、100%出資子会社にWaterfront Shipping Company Limited(WFS)を通じて、
北米、南米、アジア太平洋、ヨーロッパの主要マーケットに石油化学製品などの輸送を行っています。世界最大のメタノールタンカー船隊28隻を保有し、世界中の貯蔵ターミナルやプラントをつなぎ、メタノールの安定輸送を行っている。
メタノール船(エンジンは船舶エンジン業界の2強であるManの2ストロークやバルチラの4ストロークを使用。参照:航空エンジン・船舶エンジン業界はマンとバルチラが市場シェアで圧倒的存在感
ships
出所:同社ホームページ


生産拠点
同社は、北米のルイジアナ、アジア・オセアニア地域のニュージーランド、中米のトリニダード・トバゴ、中東欧のエジプト、南米のチリの世界5極で生産を行う。
map
同社ホームページ

これら5極の生産拠点と世界各地の消費地をWFSが運航するメタノール船が効率的な海上航路でカバーしている。下図の通り、同社のコスト構造は、大きく天然ガス価格とメタノールの運搬コストが太宗を占めており、効率的なロジスティクスの構築がビジネスモデル上重要と言える。
コスト構造
出所:同社ホームページ


業績
同社の2017年度の売上高は約30億ドル、営業利益で約5億ドルを計上している。メタノールの特化した会社であるため、天然ガス価格に対する収益のセンシティビティが高い。
EBITDA
出所:同社ホームページ
同社は生産キャパシティの約60%に相当する天然ガスを長期安定調達している。天然ガスの価格変動のメタノール価格へどの程度フレキシブルに転嫁できるかが重要と考えられる。


そもそもメタノールとは?
メタノール (methanol) は有機溶媒などとして用いられるアルコールの一種である。別名として、メチルアルコール (methyl alcohol)、木精 (wood spirit)、カルビノール (carbinol)、メチールとも呼ばれる。示性式は CH3OH で、一連のアルコールの中で最も単純な分子構造を持つ。ホルマリンの原料、アルコールランプなどの燃料として広く使われる。燃料電池の水素の供給源としても注目されている。
化学用途 フェノール樹脂や接着剤、酢酸およびホルマリンの合成原料。さまざまな化学反応の溶媒。
燃料用途 石油代替自動車燃料としてはエタノールより安価でCNGと並ぶ価格競争力がある(詳細:アルコール燃料)。また、ノートパソコンなどのモバイル機器を長時間稼動させるため、直接メタノール燃料電池 (DMFC) が期待されている。(出所:ウィキペディア)