スポンサードリンク



Triton Partners(トリトン・パートナーズ)
1997年に設立された投資会社。オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イタリア、オランダや北欧諸国を中心に中堅企業の買収を手掛ける。特にビジネスサービス、消費財、医療セクターに注力。運用資産残高は約87億ユーロ。現状約40社の会社(売上規模で127億ユーロ、従業員規模で8万人超)の会社を保有。非上場株への投資だけでなく、債券(ローン)や上場株式にも投資を行う。


NORRES(ノルレス)
NORRES(ノルレス)は、ゲルゼンキルヘン(Gelsenkirchen、ドイツ)に本社を置いているプラスチック産業用ホース製造メーカー。
1889年に設立され、食品用、移送用、吸い上げ用の耐摩耗ホースや耐熱ホースといった工業用ホースの開発、生産、販売を行う。ドイツの3か所の工場とチェコ、ポーランド、台湾、英国の販売拠点を持つ。


Chevron Traffic Management(シェブロン・トラフィック・マネジメント)
シェブロンTMは、英国とウェールズにおける独立系の交通管理会社の最大手。1997年に設立され、Thameに本社を置く。
同社は、英国の10カ所の地域デポで400人以上を雇用し、建設等の作業の際に発生する交通管理のサービスを提供する。2018年4月にTriton Fund IVが買収。


AVS Verkehrssicherung
AVS Verkehrssicherungは、ドイツの主要な高速道路交通安全サービスプロバイダー。同社は、Kubertenに本社を置き、道路建設現場の計画、導入、保守サービスを提供。障壁壁の開発、製造、販売も行う。同社はドイツ国内に14カ所の拠点を有し、従業員数は約500人。


Ramudden(ラムデン)
ラムデンは、スウェーデンに本拠を置く北欧の工事作業に伴う路上作業エリアの安全管理サービスを提供。スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、エストニアで事業を展開する。2016年に約60百万ユーロで買収。


Glamox(グラモックス)
グラモックスは、ノルウェーに本拠を置く照明関連機器の製造・販売会社。同社は、欧州の商業施設、学校、病院等の建物向けの照明事業や港湾・オフショア施設向けの照明事業を展開。欧州、アジア、北米で事業を行っており、Glamox、Aqua Signal,、Luxo、Norselight、LINKSrechtsなどのブランドの商品を有する。
Glamoxは、品質の高い製品やソリューション、サービス、サポートを提供することで、お客様のニーズと期待に応えることを約束しています。2017年の売上は約280百万ユーロ。ノルウェーの電力会社であるアーレンダールズ・フォッセコンパニ(Arendals Fossekompani A/S)から買収。


Bormioli Pharma(ボルミオリ・ファーマ)
ボルミオリ・ファーマは1825年に創業されたイタリアに本拠を置くガラスやプラスチック製医薬品容器メーカー。シロップ、抗生物質、試薬、ロートやタブレットを保管・保存するための透明もしくは琥珀色のボトルを5か所の工場で製造し、世界90ヶ国以上で販売。化粧品や食品向けのボトルも製造。イタリアの老舗ガラスメーカーであるBormioli Rocco(ボルミオリロッコ)から2017年に買収。
医薬ボトル
出所:同社ホームページ


COBEX (コベックス)
ドイツのSGLカーボンのアルミニウムや鉄鋼の精錬向けカソードブロック、炉内ライニング及び炭素電極製造事業を同ファンドが2017年に買収。買収後COBEX (コベックス)へと社名を変更。同社はポーランドに2拠点の工場を保有。2018年の売上規模は235百万ユーロ。アルミ精錬用のカソード、一貫製鉄所の主要設備である高炉の内貼りに使われるライニング(高炉用ブロック)、金属シリコンなどの精錬に使われる炭素電極の3分野において世界有数の市場シェアを有する(東海カーボンより引用)。2019年6月に東海カーボンに1000億円で売却。

コベックスの沿革
6347D54B-D117-4E46-BB88-92A90ED0AF43
出所:東海カーボン


Rocore Group(ロコア・グループ)
ロコア・グループは、北米に本拠を置く産業用ラジエーターメーカー。特に耐久性が求められる産業用車両(建機、トラック、バス等)に加え、発電所、化学プラント、石油・ガス施設等において使用される。ラジエーターは、熱交換器で、周囲の空気や水に熱伝導を利用して放熱する仕組み。2017年の売上は約40百万ユーロ。2017年に買収。


Unica(ユニカ)
ユニカは、オランダに本拠を置くビルのオートメーション全般を手掛けるサービスプロバイダー。防災、セキュリティ、エネルギー管理、通信監理、データセンター等の構築を行う。創業一族であるVliet家と共同で価値向上を目指す。2017年の買収時点での売上高は約400百万ユーロ。従業員は約2000人。


WernerCo(ワーナー)
ワーナーは米国とスイスに本社を置く建築現場用資材メーカー。梯子、ロフト用タラップ、墜落防止装置、足場、積込み用傾斜プラットホーム、ポンプジャックの提供やこうした建築現場に必要な資材の管理等を行う。ワーナーのブランドには、KNAACK、WEATHER GUARD、Youngman、BoSS, Centaure、Duarib、HaemmerlinやBaileyがあげられる。2017年に買収をし、買収時点の売上高は733百万ユーロ。従業員は3300人。米国、オーストラリア、カナダ、中国、フランス等で事業を展開。


DeepOcean(ディープオーシャン)
オランダに本拠を置く深海開発向けのサービスプロバイダー。18隻のサービス船を保有し、海上油田・洋上風力の開発会社に対して、大深度高機能無人探査機(Remotely operated vehicle、ROV)、溝堀機器(トレンチャー)、モジュール式ハンドリングシステム、ケーブルの敷設、浚渫(しゆんせつ)機、掘削機の設置やメンテナンスサービスを提供。


Fläkt Group(フレクト・グループ)
ドイツに本拠を置く空調設備メーカー。2016年の売上高は約676百万ユーロ。2016年に双方ともにトリトン・パートナーズ傘下であったDencoHappelとFläkt Woods(フレクト・ウッズ)が経営統合し誕生。DencoHappelは、食品加 工業界向けの設備を提供するGEA Groupの空調部門であり、2014年にファンド傘下となった。空気処理、調節、浄化装置に強み。
参照:冷暖房空調機とエアコン業界の世界市場シェアと市場規模と再編について


Leadec(リーデック)
ドイツの本拠を置く工場向けの人材派遣会社。2016年にドイツのVoith(フォイト)グループ買収したVoith Industrial Services(フォイト・インダストリアル・サービス)より社名を変更。売上高は900百万ユーロ。工場内への電気設備の納入、オートメーション(自動化)ソリューションの提供、生産ラインの移転作業、清掃業務、ファシリティマネジメント、在庫管理等のサービスを提供する。フォイトグループは、フォイト一族が支配する同族会社。製紙機械、水力発電装置、鉄道車両や産業用車両向けのターボトランスミッションやブレーキシステムのメーカー。


Assemblin(アセンブリン)
スウェーデンに本拠を置く電気設備、空調、配管工事会社。2015年にオランダのRoyal Imtech(ロイヤル・アイエムテック)から買収したImtech Nordic(アイエムテック・ノルディック)より社名を変更。売上高は約750百万ユーロで、約4000人の従業員を有する。2016年にスウェーデンの建設大手であるスカンスカ(Skanska)より同業のSkanska Installation(スカンスカ・インストレーション)を、また同じくスウェーデンの同業であるDelta(デルタ)を買収し、事業規模を拡大。


Kelvion(ケルビオン)
ドイツに本拠を置くplate heat exchangers(プレート式熱交換器)、shell & tube heat exchangers(とう(套)管式熱交換器)、冷却塔、冷却器等の製造メーカー。電力、石油・ガス、化学、食品・飲料等幅広い業種に対応。2015年に食品加 工業界向けの設備を提供するGEA Groupより買収。


ENEXIO(エネクシオ)
ドイツに本拠を置く発電所向けの冷却タワー用の通気孔、エリミネーター、水処理器等の製造メーカー。2015年に食品加 工業界向けの設備を提供するGEA Groupより買収。


Seves Group(セベス・グループ)
フランスに本拠を置く碍子(インサレーター)と建材用のガラスブロックメーカー。線路用碍子や高圧碍子に強み。碍子は、電線と支柱の間にある絶縁器(陶磁器や合成樹脂で作られる)。事業は大きく二つの部門に分かれている。SEDIVER、PPC Insulators、Isoladores Santana等のブランドで世界展開。

[Seves社のガラスブロックのイメージ]



Flokk(フロック)
ノルウェーに本拠を置くオフィス向けのイスの製造会社。ノルウェーとスウェーデンに工場を保有。2016年にトリトン・パートナーズが買収。Scandinavian Business Seating(スカンジナビアン・ビジネス・シーティング)より2017年に社名変更。HAG、RH、RBM、BMA、OFFECCT等のブランドで展開。


Arvos(アルヴォス)グループ
フランスの大手重電メーカーであるアルストムの熱交換器事業を2014年に買収し、アルヴォスへと社名変更。アルヴォスの事業部門であるシュミッチェ・シャック(SCHMIDTSCHE SCHACK)は、高温排熱回収装置( レキュペレーター)をシャックレキュペレータとして展開。
別部門であるユングストローム(LJUNGSTRÖM)は、空気予熱器(air preheaters)、ガスヒーター(gas-gas heaters)を発電所、化学プラント、紙パルププラント等に展開。


参考文献
プライベートエクイティファンド 投資先ポートフォリオの分析 [Kindle版]

プライベート・エクイティ・ファンドの法務 [単行本]

絶縁体市場