スポンサードリンク



サーバー業界の世界市場シェア、市場規模及びサーバー上位大手の概要についての情報。サーバー大手には、デルテクノロジー(Dell Technologies)、ヒュレッドパッカード(HPE/New H3C Groupa)、インスパー(浪潮集団、Inspur/Inspur Power Systemsb)、レノボ(Lenovo)を含みます。



市場シェア

2019年の台数ベースの市場シェアは、1位は米国デルテクノロジー、2位は米国ヒューレッドパッカード、3位は中国のインスパーとなります。

1位 デル(Dell Technologies) 17.4%
2位 ヒューレットパッカード(HPE/New H3C Group) 15.4%
3位 インスパー(浪潮集団、Inspur/Inspur Power Systemsb) 8.7%
4位 レノボ(Lenovo) 6.4%
5位 ファーウェイ(Huawei) 5.2%
6位 スーパーマイクロ(Super Micro) 3.6%
出所:IDCの情報より作成

データ通信量の増大という市場規模拡大の追い風を受け、各社ともにシェアの拡大と高付加価値化を目指しています。一方でサーバー自体の性能はコモディティ化が進む中、コスト競争力を持つ中国勢が、米GAFAに対抗する中BATからの旺盛な需要を取り込む形でシェアを拡大させつつあります。
1位はデルです。2013年の非公開後、サーバー事業強化の一貫でデータストレージ、クラウドコンピューティングとプラットフォーム仮想化のソフトウエアベンダーに強みを持つEMC /VMwarを買収し、ハードウェア+ソフトウェアによる差別化をすることで、首位を維持しています。
2位はヒューレットパッカード/H3Cテクノロジーズです。H3Cテクノロジーズの主要株主は清華紫光集団です。
3位のインスパーはアリババ集団やテンセント等への販売を大きく延ばし、レノボを抜き世界3位に入りました。
4位は中国のレノボ、5位は中国のファーウェイ、6位は米国のスーパーマイクロと、上位陣を米国と中国の企業で分け合っています。




サーバーの市場規模

IDCによれば、2019年のサーバー販売台数ベースの市場規模は12百万台と推計されています。金額ベースでは約1000億ドル程度なので、サーバー1台の価格は約8500ドル程度と計算されます。




サーバー大手の動向

デル
米国に本拠をおくITソリューションプロバイダー。元々は個人向けPCの直販会社として成長を遂げたが、2013年に投資ファンドのシルバーレイクとMBOを実施。データストレージや仮想化技術に強みを持つEMC等を買収し、サーバー等のハードウェアとソフトウェアの総合ITベンダーとして2018年に再上場。



ヒューレットパッカードエンタープライズ(HPE)
米国を代表するIT企業。2015年にサーバーやクラウドコンピューティングに注力するHewlett-Packard Enterprise社と個人向けパソコンやプリンターにフォーカスするHPへと会社分割。サーバー事業では、2015年にH3Cテクノロジーズの過半の株式を中国の清華紫光集団を売却し、米中連合での成長戦略を実施。2019年にはゼロックスがHPに買収を提案する。



インスパー(浪潮集団、Inspur/Inspur Power Systemsb)
中国に本拠をおくサーバー大手。アリババ集団やテンセントのデータセンター向けにサーバーを納入して成長。近年はマイクロソフトやインテルと共同でサーバーを開発する。コスト競争力に定評があるとされる。



レノボ(Lenovo)
2014年IBMからパソコン・サーバー事業を買収し、レノボブランドで世界展開している。



ファーウェイ(Huawei)
中国を代表する通信機器メーカー。ルーター、スマホ、タブレット等にも強い。米国からセキュリティに関する脆弱性の指摘をうけ、グローバル展開に暗雲。サーバー分野では米3コムとH3Cテクノロジーズの合弁会社を運営していたが、3コムがHPに買収された後、持ち分をHPへ売却した。



スーパーマイクロ(Super Micro)
米国に本拠をおく台湾系のサーバー会社。マザーボード、サーバケース等にも強みを有する。



参考文献
図解まるわかり サーバーのしくみ
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版
今すぐ使えるかんたん サーバーのしくみ 超入門